日の目をみないものたち
ついつい買ってしまうもののひとつにノートがある。
旅行雑誌やガイドブックの仕事をしていたときは、旅立つ前にいつもノートとペンを新調していた。取材が上手くいくことを願って、また自分に気合いを入れるために。
もう8年くらい旅の仕事から離れているので、取材ノートは必要ないのだけど、文房具店や雑貨屋に入るとついノートを手に取っている。
そんなわけで机の引き出しにたまってしまった未使用のノートを取り出してみたら、こんなにあった(まだあるかも…)。

noto 1 : 架空の海外ブランドpencoシリーズ(横罫)/B6サイズ…レトロな表紙と横長デザインが気に入って
2 : 東京藝大美術館で買ったミニリングノート(無地)/B7…持ち歩きに便利かと思い 
3 : MUCUの糸綴じノート(無地)/B6変形…角丸、軽い、ざらっとした再生紙、が◎
4 : MDSオリジナルノート(横罫)/193×236mm…学習意欲をそそる仕様
5 : MARK's Incのノート(横罫)/165×210mm…斬新な色づかい、色罫がおしゃれ
6 : KOKUYOのス-10WIN(無地)/B5…ミシン目で切り離し、ファイリングできる。佐藤伝の著書『1日5分 頭がよくなる習慣』で紹介
7 : 実験ノート(5ミリ方眼)/A4…JAXAの生協で。何に使う?
8 : 満寿屋の原稿用紙(200字詰)/B5…ワープロ以前の時代に憧れていた
9 : KOKUYOの事務用箋(縦罫)/B5…紙の薄さと色と罫がレトロでいい感じ
10 : Miquelriusのリングノート(5ミリ方眼)/135×145mm…再生紙で罫の色も渋い、ミシン目つき。スペインの老舗文具メーカーらしい
11 : 月光荘のスケッチブック(無地)/255×121mm…中紙が4色。月光荘の点ポチブックも好き
12 : MIDORIのカンガルーノート/130×193mm…すべてのページにポケットつき。カバーの紙が気になる
13 : 外国製メモ帳/65×130mm…雑貨屋で購入。2種の薄いクラフト紙

そして今すご~く気になっているのが、倉敷意匠計画室のマップペーパーと階段ノート、Made in WILDのぞうさんペーパー、独GMUND社のスクールノート。これ以上ため込んでどうする??
【2010/09/25 】 机まわりのもの | comments(0) | page top↑
<<惜しまれる才能 | home | 真っ白いものが苦手>>
comment
send comment











管理者にだけ表示を許可する

| home |