スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- 】 スポンサー広告 | comments(-) | page top↑
八ヶ岳のひと

木製額にさまざまな技法をほどこしてオリジナルフレームを制作しているななさんから、展示会のお知らせが届いた。
会場は、八ヶ岳高原ヒュッテ。イギリス中世のチューダー様式のこの建物は、尾張徳川家19代徳川義親の邸宅を移築もの。
その一室で、ななさんの手づくり額が、唱うように並んでいた。
ななさんが作る額には、ナチュラルなぬくもりがある。気負わず、自然体で、何でも楽しみながら作りあげる彼女の人柄、暮らしぶりが作品にも表れている。
彼女の感性と手から生まれる作品と、手作業をいとわない暮らしを垣間見ると、いつもいつも元気をもらえる。

そして今回のもうひとつの目的は、「ハウスのハウス展」というマスミツケンタロウさんの展示会。
素敵な空間と美味しい珈琲を提供している北杜市の「ナイスタイムカフェ」で、彼が制作した時計を見てひとめぼれ。以来、気になっていたアーティスト。
年に一回というアトリエ公開におじゃました。
革も、紙も、布も、彼の手にかかれば、力強いアート作品になる。
マルチな才能と感性に感動して、興奮して、触発され、ここでは記念に「アームカバー」を購入。これをはめて作業をすれば、ほんの少しでも彼の感性のおこぼれに預かれるかも、という他力本願の淡い期待から。

妹が北杜市に移住してから、「八ヶ岳」が身近になった。ひとくくりにしていいのかどうかわからないけど、このエリアには魅力的なひとが多い。
ひとやものに媚びることなく、自由な発想で、インディペンデントに生きているひとが多い気がする。だいたいは妹に連れて行ってもらったお店のオーナーなのだけど、素敵な感性の持ち主が多いから、行くたびにいい刺激を受けて、わたしもがんばろ!という気にさせられる。
【2018/08/11 】 旅で得たもの | comments(0) | page top↑
<<ブログを引っ越します | home | 酷暑の夏>>
comment
send comment











管理者にだけ表示を許可する

| home |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。