草間彌生 わが永遠の魂
「かぼちゃ」も「水玉」も好きではなかったけれど、久しぶりに会ったデザイナーの友人が「すごくよかった。元気をもらえた!」と絶賛していたので、国立新美術館で開催中の草間彌生展へ行くことにした。
連休の先週末はチケット売り場が3時間待ちだったとか。ある程度の混雑は覚悟していたが、平日の午後だったせいか、運良く10分ほどでチケットを買うことができた。

わが永遠の魂
入場してすぐのホールの壁面三方を埋め尽くす絵画連作「わが永遠の魂」に、いきなり圧倒された。何かに挑むような強烈なタッチで描かれたS20号(194×194cm)のアクリル画の数々。草間彌生が2009年から取り組んでいる大作で、500点を超える連作から132点が選ばれた。
抽象的な表現に具象的なモチーフが混在し、どの作品にも生命力があふれている。とくに目を記号化したようなモチーフで埋め尽くされた作品は、幼いときから幻聴や幻覚に悩まされ続けた作家が抱える強迫観念を想像させた。

草間彌生は3日前に88歳を迎えていた。長年、都内の精神科の病院を住まいにして、向かいのアトリエで終日絵を描く生活をしているというウワサだ。

この創作エネルギーはどこから湧いてくるのだろう。
「一般的な」感覚とは異なる感性を有していために、生きづらい思いや辛い体験をしたことが作品から察せられる。絵を描くことは、彼女にとって「闘い」であり「救い」だった。創作によって彼女は生かされ、世界が認める「巨匠」になった。


「死にものぐるい」で創作活動を続ける彼女の生きざまは、好きとか嫌いとか嗜好の範疇を超えて、観るものに希望とパワーを与える。
ゲイジュツの凄さを見せつけられた。
【2017/03/24 】 鑑賞するもの | comments(0) | page top↑
<<ものを作って売るということ | home | 思い込みを捨てる>>
comment
send comment











管理者にだけ表示を許可する

| home |