スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- 】 スポンサー広告 | comments(-) | page top↑
念願の開運印鑑 in 台北
台北で、念願の印鑑をオーダーした。
一緒に行った友人もぜひ作りたいというので、以前妹が作ったことがある「兄弟冶印」という店へ。

店内にはさまざまな印材や彫刻品が並び、印鑑一筋的な雰囲気。柔和な笑顔で迎えてくれたのは、店主の劉良國さん。40数年前に兄弟で創業、年の離れたお兄さんはもう引退されたのだとか。それで、この店名。

友人が印鑑を作りたいと言うと、まず3種類の大きさと印材をいくつか見せられた。大きさと材によって当然値段も違う。自分の好きな印材を選ぶより、画数を見て運気を上げる材を決めた方がいいと助言される。
友人は中サイズ、フルネーム(姓名)の印鑑をオーダーすることにした。
劉さんはすぐに総画数から運勢を調べ、彫刻する文字を印鑑と同じ大きさの円の内側に面相筆で書いていく。その際、印鑑の円周上の八方位に接点を作ることで、その人に欠けている運を補い吉祥運へ、さらに運気を上げる印材(友人の場合は黒檀)を用いることで、最強の開運印となるらしい。

b片岡さん印劉さんが円の内側に筆で姓名を配置する様は神業的!下書きもせず、少しの迷いもなく。彼の頭の中では、必要な接点と字形のデザインはすでに計算済みなのだ。翌日できあがった友人の印鑑は、その紙に書いた字形どおりに彫刻(手彫り)されていた。

友人がオーダーしたとき、わたしはまだ決心がつかなかった。高価な買い物だし、姓名にするか、名字または名前だけにするか、それも決めかねていた。
でも店主の神業と誠実そうな人柄、印鑑の出来映えを見てしまったら、どうしても欲しくなり、帰国前日の朝、1人で店を訪ねた。

中サイズで、名前の印鑑をオーダーすることに決めた。
名前は17画。それに12画足す(円周に12の接点をつくる)と29画。「智徳の大吉数」「強い財運のもとで、一生食錄の福を受けるという吉祥画」になる。薦められた印材は、メノウ。ちょっと割引してもらって、4,000元也。
明日帰国することを告げると、その日の夜11時にホテルに届けてくれるとのこと。翌朝、フロントで念願の印鑑を受け取った。力強くて美しい!

b印鑑03

そして今日、通帳の改印をしに郵便局へ。窓口の男性に新しい印鑑を渡すと、
「この材は何ですか? 重厚さがあっていいですね。こんな印鑑、見たことないです。字体も素晴らしい!」
「メノウです」「台湾で作りました〜」
自慢げに、聞かれていないことまで答えるわたし。
やっぱり作ってよかった! 金運アップ、期待できるかな・・・
【2016/07/27 】 旅で得たもの | comments(0) | page top↑
<<電子のお針箱 | home | 座禅断食 in 松本>>
comment
send comment











管理者にだけ表示を許可する

| home |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。