スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- 】 スポンサー広告 | comments(-) | page top↑
やまいち 2016
今日は地元で開かれた「やまいち」へ。3回目の出店です。
アート&クラフト系の店、ナチュラル系のフードショップ、それに幅広いジャンルの音楽ライブあり。年に一度、木の芽どきに開催される山のお祭り。



幼い子どもから高齢の方まで、年齢を問わずに楽しめるのがこのマーケットの魅力です。自然の中でみんなゆったりブースをめぐっていました。自然のなかにいると、歩調にゆとりが出てくるのですね。



わたしは消しゴムはんこをベースにしたペーパーグッズと、布小もの(ブローチなど)を持っていきました。
新作はアザラシのレターセット。売れたのは2セットだけでしたが、スマホ時代にレターセットを買う人がいるのか不安だったので、お金を払って買ってくれた人がいたということだけで嬉しかった。
うち一人は、携帯を持たず山で暮らす友人に手紙を出そうと思って、とおっしゃいました。わたしが作ったアザラシのレターセットが、山に住む見知らぬ人に届く日を想像するとワクワクします。



好評だったのが、「大入猫のお守り」。消しゴムはんこ+手描きの生地に、友人が刺繍をして手縫いで仕上げてくれました。
「大入の御守」なので、中に銭洗い弁天でお浄めした五円玉を入れました。「五円玉」のことを話すと、みなさんの反応が一気によくなり、面白がって買ってくださいました。



物販をしていると、人の好みってほんとにさまざまだなぁと思います。
最初のころは、なるべく多くの人に買ってもらえる商品を作りたいと思っていましたが、3年目になり、わたしの作品を気に入ってくれる人に買ってもらえばいいや、って思うようになりました。
そのほうが、商品づくりにも真剣に取り組めるし、商品への愛着もわきます。

対面販売のよさは、商品への愛着を作り手がダイレクトにお客さんに伝えられること。商品にまつわる物語もアピールできること。
ネット通販の利用が高まる一方で、対面販売式マーケットの人気が高まる。デジタル化が進む一方で、アナログ的なものが再び脚光を浴び始める。
世の中を見渡してみると、人間の思考や行動って両極に向かうものなんだということがわかって、面白い。

【2016/04/23 】 制作するもの | comments(0) | page top↑
<<30数年ぶりのドナウ河 | home | 日常の些事から生き方のクセを見つける>>
comment
send comment











管理者にだけ表示を許可する

| home |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。