日常の些事から生き方のクセを見つける
昨日急に思い立ち、今日は雨が降る前に、紙雑貨を置かせていただいているカフェに、一部商品を引き上げに行くことにしていた。

朝、一緒に台湾に行こうと話している友人から、台湾の件はどうなった?とメールが入った。彼女には、連休明けに台湾ミーティングしようと返信。
そのあと、台北の知人Rにワークショップと展示を断念した旨のメールをして、別の台北の知人Lに、わたしが考えているワークショップの企画とレンタル料の交渉のメールを出した。
2人に宛てた返信は、ここ2~3週間、頭のかたすみでくすぶっていた案件だけど、何もいま、出かける間際に急いで出さなければいけないものではなかった。今日である必要もゼンゼンなかった。しかも英文。きちんと見直しもせず、出してよかったのか・・・。

そうこうしながら、バタバタ準備をして、目的のカフェへ。
着いてすぐ、商品回収の際に必要な「回収書」を忘れたことが発覚! 
昨夜のうちに準備して、捺印もしていたのに。

いまやらなくてもいいことを優先して、いま必要な、いちばん大事なことが抜けている。あっ、わたしの人生そのもの。。。

その後、サロン開設に向けて自宅を改装中の友人宅を見に行った。
風水のわかるインテリアコーディネーターさんの協力を得ながら、家具の配置を変えたり、インテリアを新調したそうだ。6年前に訪ねたときより、スペースが広がって素敵になっていた。壁面は漆喰に塗り替え中。息子くんが塗った漆喰壁は見事だった。彼女が塗った漆喰壁を見ながらわたしが言ったひとことに彼女が反応。
「ネガティブなことに目がいくんだね~」

あっ、わたしの生き方(思考)のクセ。。。
長所を見つけるより、粗探しのほうが得意かもしれない。
子どもに対しても、そうやって接してきたような気がする。

今日は、ふたつの大きな気づきがあった。
天からびゅーんと飛んできたような気づきだった。
【2016/04/21 】 生活するもの | comments(0) | page top↑
<<やまいち 2016 | home | サクラの季節>>
comment
send comment











管理者にだけ表示を許可する

| home |