スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- 】 スポンサー広告 | comments(-) | page top↑
秋を感じるしあわせ
勤労感謝の祝日、せっかくなので秋を感じにと、昭和記念公園へ。
立川にある広大な公園ということは知っていたけど、行ったことがなかった。

有名な銀杏並木は7割方落葉していたものの、黄色のじゅうたんの上を歩くのもまた風情がある。が、ギンナンが臭うこと、臭うこと。




予想に反して人工的に整備された公園で、通路もアスファルト舗装だし、足は疲れるしで、ちょっとがっかりした。でも国営とはいえ入園料(大人410円)も取るし、ここは一種のテーマパークなのだ。そう思って歩けば、人工的な造形物にも足が向き、それなりに楽しめる。





こどもの森エリアが面白かった。
「地底の泉」を下りて、すり鉢状の空間から上を見上げると、急に芥川の『蜘蛛の糸』が思い出され、不思議な感覚に陥った。
「雲の海」では裸足になった子どもたちが、楽しそうにぴょんぴょん飛び跳ねていた。わたしも素足で飛んでみたかったけど、ぴょんぴょんできるのは中学生以下に限られていた。うちの子どもたちにこれを体験させてあげなかったことを悔やんだ。


日本庭園も紅葉はいまひとつ。でも日が暮れるころ、園内の一角からプラチナ色に輝く富士山のシルエットを見ることができて、得した気分に。
秋をゆっくりたのしむことができる日本って平和だなー、と幸せをかみしめた秋の休日でした。
【2015/11/28 】 生活するもの | comments(0) | page top↑
<<陰極まりて陽に転ずる日 | home | S君の作文>>
comment
send comment











管理者にだけ表示を許可する

| home |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。