Bye Bye my wisdom tooth
歯科治療の続きです。

先週、別の歯医者へ行きました。
「お口の中がタイヘンなことになっている」そうで、最低2本最大4本抜いたほうがいいとのこと。問題の2本は、1カ月前に膿を出した親知らずと、根元が大きく欠けてしまった奥の虫歯。
そこでは抜歯をしないようで、電車で40分もかかる都心の口腔外科を紹介されました。

抜歯までの1週間、ことあるごとに歯の治療をどうしているか、いろんな人に聞いてみました。みなさん歯に大金をかけていて、びっくり! それぞれに一家言ありましたが、抜かずに残したほうがいい、一度に2本抜くのはやめたほうがいい、という意見がほとんどでした。

3rd オピニオンを勧めてくれる人もいました。が、またフリダシに戻るのも面倒なので、とりあえず親知らずだけは抜いてもらおうと覚悟を決め、指定の口腔外科歯科へ。
紹介状を見た先生は、「あああ、これはひどいね。じゃあ、この2本抜きますね」とさらりとおっしゃっいましたが、友人知人の助言に従い、親知らずだけ抜いてくださいとお願いしました。

歯を抜いたのは、30年ぶりくらい。前回も、親知らずでした。
麻酔で口はしびれていましたが、音ははっきり聞こえます。コンクリートにささった杭をぐいぐい抜いているような音。。。その瞬間、わたしのからだは工事現場に。

血が止まらず救急車で運ばれた、とか、2日ほどあごのあたりが腫れ上がった、とか、親知らずを抜歯したときのコワイ体験談も耳に入っていたので、ドキドキでしたが、出血も痛みもさほどなく、第1回目の抜歯は無事終了。

抜歯の緊張から解き放たれた安堵感やら、この先の歯科治療への不安やら、なくなったからだの一部の喪失感やらを抱え、向かったのはメガネ屋さん。なぜだか、自分にプレゼントを買おう、という気持ちがムクムクとわき起こって。

1時間くらい悩んで、ボストン型のフレームに決めました。
決め手は、日本製だったこと.(作りが繊細)。
レンズの天地幅があったこと(遠近用なので)。
フレームと一体型ではなく、鼻当てがついていたこと(ずり落ちにくい)。
サイドのツルが細いメタルで、軽かったこと(かけたときに締め付けがない)。

とりあえずフレームだけ。
今後の治療に向けて、覚悟のメガネです!


時間をかけて選んだのに、家族には不評。でもわたし的には『アニー・ホール』気分。
【2015/10/09 】 身につけるもの | comments(0) | page top↑
<<やればできる! | home | 片づけ継続中。>>
comment
send comment











管理者にだけ表示を許可する

| home |