スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- 】 スポンサー広告 | comments(-) | page top↑
シルバーウィーク前日/法案成立
アレからずいぶん日が経ったような気がするのはなせだろう。
アレとは、安保法制強行採決の瞬間。

先週の木曜日(18日)はTVに釘付けだった。
どうせ与党が数の論理で強行採決をするだろうことは、ほぼ確実だったけれど、どのように決まるのか、目が離せなかった。

それは唖然とするような暴挙だった。
速記者による記録には「議場騒然、聴取不能」とあるだけで、採決の議事録はなし。席に戻った鴻池委員長が、賛否の採決を求める発言をした形跡はない。
与党による仕組まれたストーリー。だまし討ち。一瞬のできごとに目を疑った。
中継中のNHKもあわてていたが、その後「採決」ではなく、「可決」のテロップをいち早く出した(参院本会議での可決は19日未明)。これにもちょっと目を疑った。

これが日本の民主主義?

そもそも憲法の解釈を変えて、この法案を強引に押し通したことが一番の問題だと思う。
憲法の解釈を変更することは、立憲主義の否定でもあるわけだし。

法案が廃止されなければ、日本は米軍に追随し、戦闘にも加担することになる。中国や北朝鮮の日本に対する敵対意識もさらに高まるだろう。日本人がテロの標的になる危険性も。
またこの法案成立の裏には経団連の圧力があるというウワサもある。軍事産業を増大し、武器輸出をできるようにするためだ。

ああ、イヤだイヤだ。

ちなみ日本の軍需企業トップ10は、1.三菱重工業、2.三菱電機、3.川崎重工業、4.NEC 5.IHI、6.富士通、7.コマツ、8.東芝、9.日立製作所、10.ダイキン工業だそう。
不買運動でも始める?
【2015/09/20 】 もの申すもの | comments(0) | page top↑
<<奥田愛基さん | home | 痛みに耐えた日。>>
comment
send comment











管理者にだけ表示を許可する

| home |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。