ぜいたくでしあわせな買いもの

ハンドメイドジャパンフェスに行ってきた。
日本最大級とうたっているだけあって、出展数がハンパない。チラ見しながら通路を歩いていると、吸い寄せられるような磁力を発しているブースがある。
つまり、好きなテイストの店。

最初にひっかかったのは、ほのぼのする動物のイラストをシルクスクリーンで手刷りしたTシャツやバッグを売っている「PLANTER」さん。なまけものが胸にどーんとプリントされたTシャツを買う。
次に花をモチーフにしたアクセサリーを販売する「ハヤシヤ」さん。手刺繍のブローチに弱い私はここでも財布のヒモが緩む。
もっとも気になるビームを放っていたのは、壁ぎわで黒っぽい洋服だけを控えめに並べてひっそり立っていた「hondana」さん。
所狭しと手作り品を並べるブースの中で、肌ざわりのいいWガーゼを使ったシンプルな部屋着に特化している。色は黑と濃紺のみ。その潔さにスルスル引き寄せられて、カスタムオーダーのオーバーブラウスを注文してしまった。服をオーダーしたのは生まれて初めて! 

やっぱり気になるのは紙もののコーナー。
イラストレーターのyasicoさん、アライマリヤさんの紙ものにゾワゾワ。採算が合わないだろうな〜と思わせる手作業に敬服、わたしも見習わねばと気が引き締まる思いでした。

もっとも大きな買い物は手づくり傘。「タナカサ」さんは神戸からの出店。傘を作りたくなって、傘職人を探し、頼み込んで習ったそう。しかも普段は会社勤めというからさらに驚き。ちょうど傘を探していたこともあり、気に入った柄とボタンと持ち手を組み合わせて、こちらもセミオーダー。届くのが楽しみ〜。もちろん傘のカスタムメイドも人生初体験。大事に使わなくては!

手づくり品を作家本人から買う楽しみはたまらない。
この逆バージョンを目指して、わたしも制作に精を出そう!

【2015/07/26 】 制作するもの | comments(0) | page top↑
<<日本、だいじょうぶ? | home | 21年目の出産記念日>>
comment
send comment











管理者にだけ表示を許可する

| home |