スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- 】 スポンサー広告 | comments(-) | page top↑
椅子を買う
ついに食卓の椅子を新調した。
前の椅子を買ったのは10数年前。何年か前、倒した拍子に背もたれにヒビが入ってしまい、瞬間接着剤で補修しながら使っていたのだけど、ひび割れは少しずつ拡大、ついに背もたれに寄りかかると割れ目に背中の肉を挟まれるという、アブナイ状態に。寄っかかりすぎて背もたれがバキッと割れて、後ろにひっくり返ったりしたら、もっとアブナイ・・・
10数年、毎朝晩+α座っているので、座面のスポンジもずいぶんへたっているし、見れば木部もずいぶん汚れている。

まずは修理の方向で考えてみた。
若い家具職人を家に呼んで見積りを出してもらうと、瞬間接着剤で補修したことがネックになった。接着剤をきれいに削らないといけないため、背もたれの修理に2万円。座面のスポンジ交換と布の張り替えで5,000円。2万3,000円くらいで買った椅子の修理代が2万5,000円。計算が苦手なわたしにも、修理は無駄に思えた。

だからといってすぐに買い替えるつもりはなかったのだけど、この夏ふらり立ち寄った富士吉田の大星家具店で、うちのテーブルにも合いそう(これ重要!)で座り心地のよい椅子に出会った。メーカーは徳島にある宮崎椅子製作所。木材の種類や座面のファブリックを選ぶことができたこと、9月から値上がりするので今がお買い得と言われたこと、それに富士の麓で少し気が大きくなっていたことが引き金となり、エイヤッとバンジージャンプする勢いで買ってしまった。

椅子イラスト注文から1か月半経った9月半ば、新しい椅子2客がわが家にやってきた。
阿久津宏デザインの椅子は、肩肘張らないシンプルなデザイン。奥まで腰掛けると自然に背筋がすっと伸びるのが気に入った。でも最大の利点はしごく軽量であること、と掃除のときに気がついた。「指で持てるくらいの軽さにこだわった」とデザイナーもいっている。軽量かつ安定感のある椅子を造るには、高度な木工技術が欠かせないことも想像に難くない。
made in Japan の面目躍如!

気持ちは一気に4客買い替えたかったけど、予算の都合で3客に。
大星家具店で買ったもう1客は、夫が気に入った小泉誠デザインのアームチェア。こちらの納品予定は11月中旬で3か月待ちだけど、わたしはこの手の「待つ」はちっとも苦にならない。

家具を買うということは、生活に新鮮な風を送り込むことでもあり、お金だけじゃなく、時間と想像力とエネルギーを必要とするのだ。

← menu side chair



【2013/09/29 】 暮らしのもの | comments(0) | page top↑
<<autumn has come | home | 有意義な帰省>>
comment
send comment











管理者にだけ表示を許可する

| home |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。