スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- 】 スポンサー広告 | comments(-) | page top↑
ワープロの記録02 【旅の土産もの 香港編1989】
5回目にして、初めてプライベートで香港を訪れた。
旅のきっかけはとても唐突だった。
友人と香港映画を観たあとに入った牛タン屋で、映画の感動シーンにひとしきり花を咲かせたあと、「香港行きたいね!」とわたしが言うと、「行きたいね!」と彼女が乗ってきた。2人とも自由の身だったので、思い立ったらあとは早い。
10日後、わたしたちは百万ドルの夜景へ向かう機上の人となった。

旅の目的は3つあった。
映画を毎日観ること。
靴をオーダーすること。
写真を撮ること(※当時わたしたちは写真教室に通っていた)。
以下は、オーダーメイドの靴について。

香港に着いた翌朝、さっそくトラムに乗って香港島のハッピーバレーの靴屋通りに行く。店内を見回してすかさずお気に入りを見つけた友人は、「わたしはこれを買うことにするわ」と、いとも簡単に第1目的をひるがえした。
たしかに、センスのいい靴があった。別にオーダーメイドにこだわることもないか・・・と、わたしも目的を逸脱、好きな靴に足を入れてみる。が、悲しいかな、サイズが合わない。幅広甲高のわたしは、靴選びではいつも苦労する。

「スグ デキルね。アナタ、いつ日本 帰る?」
若い男性店員が声をかけてきた。3日後と答えると、
「ノー・プロブレムね」
「う~ん、でもわたしはこの靴をオーダーメイドしようと思っていたのに・・・」
わたしは靴をオーダーするにあたって、雑誌から切り抜いた靴の写真を持参していた。その切り抜きを見せると、
「コレ(切り抜きの靴)より コッチ(店でわたした履いてみた靴)の方が イイね。オソロイのバッグと 一緒に持つと グーね」と、くだんの彼が親指を立てる。

たしかに靴とバッグがお揃いというのもイキである。
ごく一般的な足のサイズの友人に、わたしの足には入らなかったその靴を履いてもらい、見た目を確かめる。なかなかいい感じ!
オーダーメイドした場合の値段を聞くと、既成のものと同じという。それはお買い得! 安い、と思ったけど、ここはわたしの腕の見せどころ。しつこく値引き交渉する。

交渉成立後、店のスタッフが注文表を裏返して床に置き、ここに足を置けという。ボールペンでぐるりとわたしの足の輪郭をとり、計測終了。あまりの適当さに不安がよぎる。
「エッ、これでOK? 右と左で大きさが違うけど・・・」
「ダイジョウブ、ダイジョウブ」
店員は自信たっぷりに言う。
それでも2日後にその靴をピックアップに行くまで、ずっと不安だった。
はたしてできあがった靴は、わたしの足にピッタリ!! 履いたとたん足に馴染んだ。

しかし・・・。
確かに履き心地はよかったけど、見た目に大きな違いがあった。ほっそりした友人がはいたときにはとてもオシャレに見えたのに、幅広甲高のわたしが履くと、何ともおばさんっぽい。
でもこれは靴屋のせいではないから、文句は言えない。
靴とお揃いのバッグも、見込み違いだった。エルメスのケリーバッグを模したキュートなデザインなのだけど、フタを開けるのが面倒、小さすぎてとても使いづらい。
HKillust03
おばさん風の靴と使い勝手の悪いバッグ。ふたつ合わせても、値段は日本で買う靴1足分とはいえ、はたしてこれはお得な買い物だったのか・・・

hongkong【追記※】鞄は使うことのないまま処分したけど、靴は何度か履いて、まだ下駄箱にあった。でも今回、記録も残したし、そろそろバイバイしよう。よく今まで持っていたこと・・。ちなみに旅のきっかけとなった香港映画は、チョウ・ユンファ主演『風の輝く朝に』(日本では1989年公開)。
【2013/05/25 】 旅で得たもの | comments(0) | page top↑
<<ワープロの記録03 【旅の土産もの タヒチ編1987】 | home | ワープロの記録01 【旅の土産もの バリ編1987】>>
comment
send comment











管理者にだけ表示を許可する

| home |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。