ただいま安静中
ぎっくり腰で自宅静養に入って5日目。
動けなくなると、健康のありがたさが身に沁みる。
寝返りが打てること、さっと起き上がれること、靴下をはくのに難儀しないこと、二足歩行ができること・・・、ふだん無意識無感動で行っているささいな動作の一つひとつが、もう奇跡的なことに思えてくる。

過去にも何度かぎっくり腰をやっているけど、今回は何かちょっと違う。
腰だけじゃなくて、からだ全体にゆがみが出ているような。。。
これを機に、姿勢とか歩き方とか座り方とか、言い方とか考え方とか、これまでの生活習慣すべてを見直したほうがいいというメッセージかもしれない。
ここは謙虚に、からだのメッセージにしたがおうと思う。
negibouzu



onion head by eraser stamp carving

【2013/05/22 】 生活するもの | comments(0) | page top↑
<<はじめての取材 | home | 久保田一竹美術館で考えた>>
comment
send comment











管理者にだけ表示を許可する

| home |