感性を鈍化させるもの。
掃除機がついに掃除の機能を果たさなくなったので、買い替えました。
今までずっと「紙パック式」を使っていたのだけど(こっちの方がゴミ捨てが簡単そうで…)、このたび「サイクロン式」に変えてみました(ゴミを圧縮してポイと捨てられる、という宣伝文句にひかれ…)。

ああ、掃除機もどんどん「進化」しているのですね。。この掃除機には「ゴミ圧縮」のほかに、「エコ掃除モード」なる省エネ機能がついていて、「お掃除の場所に合わせて自動で吸込力をコントロール」してくれるそうです。さらに、吸込口が床から離れるとアイドリングストップまで。

まだ買ったばかりなので、とりあえず「エコ掃除」を試していますが、感度がいいせいか(掃除機の)、吸込力を決めかねて(掃除機が)しょっちゅう止まる。スイッチを切ってもゴミを圧縮するためにモーターが回っているし、「エコ」に振り回されている感じです。
そもそもこういう機能にひかれること自体、エコじゃないし、だいたいエコな人は掃除機で掃除しないんじゃないかな…。

cleanerとにかく最近の家電には、自動でおまかせする一見便利そうな機能がてんこ盛り。
メカの「センサー」が高性能になるにつれて、ヒトの「センサー」が鈍化して、知性も感性も後退してしまうとしたらオソロシイことです。

それにしても掃除機のデザイン、もう少しなんとかならないものでしょうかね。。。

【2012/03/30 】 暮らしのもの | comments(0) | page top↑
<<しだれ桜にうっとり。 | home | カーテンを縫う>>
comment
send comment











管理者にだけ表示を許可する

| home |