It's time to downsize
引越まで1週間。毎日少しずつ箱詰めをして、ゴミをまとめている。
押入からは、すっかり忘れていたものや、使っていないものがぞろぞろ出てくる。引越は、持ちものを確認して減量する格好の機会だ。

片づけをしながら、前回の引越(18年前)に較べて、ものに対する執着が弱くなっていることに気づいた。それは年齢に因るところが大きい。歳とともに生活を大きくしたいという思いは減少。今後は縮小、退化に向かう人生を受け入れて謳歌しよう、という気分になっている。

段ボールto


今まで所有していたものを残すか、ゴミ袋行きかを迷ったときは、この先5年間に使うか使わないかで判断する。「とりあえず取っておく」ことを極力しないようにした。

とはいえ思い出があるものを処分するのは難しい。たとえば20代から一緒に海外を旅したスーツケース。でも5年前に機内持ち込みサイズ、3年前にやや大きめのスーツケースを買って以来、出番がなくなってしまった。忍びないけれど、「ありがとう」と言って写真に収め、ゴミ袋へ。



「手放そう」と思えたものを処分すると、不思議とこころが軽くなる。ものを所有することが、人生の重荷を増やしているのかもしれない。何だか家の風の通りもよくなったような気も。

心地よいものとやりたい仕事と好きな人とだけかかわって、小さく深く静かに生きられたらいいなあ。
引越を目前に控え、こんな心持ちになっております。


庭もすっかり片づきました!
【2017/09/10 】 生活するもの | comments(0) | page top↑
| home |