未来が過去を変える
東急沿線の情報誌『SALUS」に寄稿している、理学博士・佐治晴夫氏のエッセイを楽しみに読んでいる。
Vol.13では、過去、現在、未来についての捉え方が新鮮で、膝を打った。以下ほぼ抜粋。

私たちは、とかく過去にとらわれがちです。「あの大学に行けなかったから出世できなかった」「あの人と結婚していたらもっと幸せになれたのに」、と。
満たされない今の境遇や気持ちを過去のせいにしがちですが、本当に過去が未来を決めるのでしょうか。
過去は文字通り、過ぎ去ったものであって、今、皆さんが過去だと思っていることは、頭のなかに残っている現在の記憶でしかありません。過去という実体は存在しないのです。つまり完璧に固定された過去はありえなくて、今、この時点で思っている過去は、自分の都合のいいように作り変えたり、脚色されたりした記憶という幻想に過ぎません。記憶は、日々、その時の状態によって塗り替えられ、変容していくことが脳科学の研究からも確かめられています。
あの時間はもう戻らないと懐かしんだり、もっとこうすればよかったと後悔してみたり、過去にこだわり続けているのは、あなたが、幻想として作りあげている物語なのであって、過去そのものと向き合っているわけではありません。
(・・・中略)
そして「今」という瞬間は、過去からの集積の結果としての「今」なのです。これからの未来をどう生きるかによって、その時々の「今」の集積として降り積もっていく過去は、未来によって新しく塗り替えられていくことになります。つまり、その時々で出会ったできごとの良し悪しの評価は、その時点ではできなくて、そのできごとの後にやってくる未来が、それまでたどってきた過去を決めるということ。過去が未来を決めるのではなく、未来が、それを生み出した過去の価値を決めていくということです。言い換えれば、「これから」が「これまで」を決めるということです。
過去も未来も、すべて「今」のなかに含まれているのですね。過去にこだわり続けることには、意味がありません。大切なことは、いい未来を夢見て、「これから」の第一歩を踏み出すことです。とても感覚的な表現ですが、過去は新しく、未来は懐かしいものなのかもしれませんね。



ここ最近、過去は可変するということを実感していたから、この記事はわたしにとってタイムリーな一致だった。「過去」は「今」の集積であり変容するもの。そして「未来」が「過去」を塗り替える。
こう考えると、過去に原因を求めず、未来にも過去にもつながる「いまここ」で生きるのがいいってことになる。
【2017/04/24 】 読んでみたもの | comments(0) | page top↑
ものを作って売るということ
昨日は地元のイベント「若葉のハナウタ」に参加しました。
当初は雨も心配されましたが、お日さまがまぶしいほど。軒下に設営できたわたしは、紫外線と強風を避けることができてラッキーでした。

こういった手づくりマーケットでは、お客さんとのやりとりはもちろん、参加作家の方からもいい刺激を受けます。
ものづくりには生き方が反映されるということ。
丁寧な作品は感動を与えるということ。
シンプルでも芯のあるデザインは力があるということ。
同じイベントに参加した作り手さんの作品を見ながら、「居ずまいを正される」気分に。
ものを作って売るということは、自分の中心を発信するということなんだと。
そんな思いを感じたイベントでした。
まだまだ模索の日々だけど、少し光が見えたような気も。

新シリーズの「考える生きもの」がラインアップに加わりました。
レターセットとトートバッグ。
今週末の「やまいち」でも販売予定です。



【2017/04/17 】 制作するもの | comments(0) | page top↑
| home |