脱力モード
図書館展示が無事に終了し、1週間が過ぎた。
クリエイティブのスイッチは、片づけの翌日にパタッと切れ、今はすっかり脱力モード。創造の泉が枯渇しちゃってる感じ。





昨夜は久しぶりに親族6名が集まり、近所のビストロに行った。
名目は、4月から新社会人となり新潟で働くことになった息子1の壮行会。
ついでに妹とわたしの誕生祝いも兼ねて、乾杯三連発。

勤務地が新潟(の豪雪地帯)に決まったとき、奈落の底に突き落とされた飛べない鳥のように落ち込んでいた息子の顔にも笑顔が見られた。
諦めがついたのか、希望を見つけたのか…。
未知の土地での新生活、今は不安でいっぱいだと思うけど、新潟は息子の祖父母の故郷。これも何かの縁。楽しい出会いがあるといいな。
【2016/03/22 】 生活するもの | comments(0) | page top↑
ツブヤキかける 二人展 @ 町田市立中央図書館
b_二人展チラシ図書館展示が始まりました!
開催は1年前から決まっていたのに、結局、本格的に制作を始めたのは、1月半ばから。お尻に火が付かないと、動き始めない。何度反省しても、身に染み込んだクセは直らない。。。
息子1との2人展なので、ぶつかり合いも多く、それもまたストレスに。
なんだかんだあったけど、ギリギリセーフで搬入、4時間かけて設置を完了、ビールで乾杯。よかった、よかった。

やっつけ感は否めませんが、できる範囲で今やれることの8割くらいはできたかな。お近くの方、お暇な方、どうぞご笑覧ください(4階と5階です)!
【2016/03/03 】 制作するもの | comments(0) | page top↑
ヤマアラシのジレンマ


====================================================
「ヤマアラシのジレンマ」という言葉を知ったのは、学生のときだった。
ヤマアラシのカップルがからだを温めようと近寄ると、針が刺さって痛い。何度か試して、針を気にせず温め合える、ちょうどよい距離を見つけることができた、というような話だったと記憶している。
「なるほど!」と、そのとき思ったことも覚えている。

人間関係においても、適度な距離を取るというのは大切なこと。
近づきすぎると、エゴがぶつかり合ったり、価値観の押しつけになったりして、うまくいかない。
もっとも距離の取り方が難しいのが、家族、とくにハハコ関係。気づいたら、近寄り過ぎて傷つけあっている。

「ヤマアラシのジレンマ」
もっと早く思い出すべきだった。
【2016/03/02 】 制作するもの | comments(0) | page top↑
| home |