哲学するものたち


T大の先生が主催する「哲学カフェ」に行ってきた。
T大生の息子1の話では、「近隣のおばさんが子どもの悩みを話して帰った」こともあったとか。

今年最後の「哲学カフェ」は、T市ではなく東京キャンパスでの開催。
参加者は20人強。学生ばかりかと思いきや、おじさんもちらほら(おばさんは私一人)。ここではみんなニックネームで呼び合う。集まっている人の年齢や職業などには一切触れない。

今回は、ひとつのテーマについて議論するのではなく、小グループから出てきたトピックーーたとえば虚しさ、たとえば怒り、都市と地方の差、役に立つ学問……等々について、2人組またはグループになって、それぞれが感じたことを話した。論旨が集約されるわけではない。答えも出ない。でも対話をとおして、少しずつ自分の中で考えが整理されていく。

たまたま今日ここで会っただけの、本名も年齢も職業もわからない人と本音に近い部分で話しをする。それが面白かった。わたしが抱えていた「親子関係における寄り添うとは」という課題は宙に浮いたままだった。けれど、絡んだ糸がちょこっとゆるんだような感触があった。
大人になってもみんな悩みを抱えているんだ。それがわかって少し安堵した。

次回の東京開催は2月。
息子1とかぶらないように、また参加してみたい。
【2015/12/29 】 生活するもの | comments(0) | page top↑
陰極まりて陽に転ずる日
2015冬至

冬至。一年のうちで昼間がもっとも短く、夜が長い日。
この日が「一陽来復」ともいわれることを今日はじめて知った。
陰極まり、再び陽にかえる日なのだそう。

悪いことが善い方向に向かうように、福と転じるようにお祈りしよう。

午前。陰から陽へと変わる日差しを浴びながら、窓辺でうたた寝。
ぽかぽか陽気のパワーにしばし身を委ねて。

午後。自分のこころの隅にしまっていた想いを文字に託す。
息子2あての手紙と、スイス行きのクリスマスカードを投函。

夕方。日が落ちたあとも空は群青色を残し、白い雲がたなびいていた。
澄んだ空気が町を浄化しているようにも見えた。

夜。かぼちゃを食べ、ゆず湯でコリをほぐす。

何かが終わって何かが始まる日。
【2015/12/22 】 生活するもの | comments(0) | page top↑
| home |