秋を感じるしあわせ
勤労感謝の祝日、せっかくなので秋を感じにと、昭和記念公園へ。
立川にある広大な公園ということは知っていたけど、行ったことがなかった。

有名な銀杏並木は7割方落葉していたものの、黄色のじゅうたんの上を歩くのもまた風情がある。が、ギンナンが臭うこと、臭うこと。




予想に反して人工的に整備された公園で、通路もアスファルト舗装だし、足は疲れるしで、ちょっとがっかりした。でも国営とはいえ入園料(大人410円)も取るし、ここは一種のテーマパークなのだ。そう思って歩けば、人工的な造形物にも足が向き、それなりに楽しめる。





こどもの森エリアが面白かった。
「地底の泉」を下りて、すり鉢状の空間から上を見上げると、急に芥川の『蜘蛛の糸』が思い出され、不思議な感覚に陥った。
「雲の海」では裸足になった子どもたちが、楽しそうにぴょんぴょん飛び跳ねていた。わたしも素足で飛んでみたかったけど、ぴょんぴょんできるのは中学生以下に限られていた。うちの子どもたちにこれを体験させてあげなかったことを悔やんだ。


日本庭園も紅葉はいまひとつ。でも日が暮れるころ、園内の一角からプラチナ色に輝く富士山のシルエットを見ることができて、得した気分に。
秋をゆっくりたのしむことができる日本って平和だなー、と幸せをかみしめた秋の休日でした。
【2015/11/28 】 生活するもの | comments(0) | page top↑
S君の作文
S君から、Y市の用務員採用試験に提出する作文を見てほしいと連絡があった。
テーマは「失敗した経験と、それをどのように乗り越えたか」、文字数は600字。Sからの初メールに、「喜んで」と返信した。

1週間後、Sは苦労の跡がうかがえる下書きを持ってわたしの前に現れた。5年ぶりくらいに会う彼は、背も伸びて、黒縁のメガネをかけ、うっすら髭を生やしていた。はにかんだ笑顔は変わらないけど、もう21歳だものね。




Sは息子2の同級生で、小・中学校が一緒、2人はとても仲良しだった。
Sは中2の頃からあまり学校に行かなくなり、息子とも距離を置くようになった。中学の卒業式に彼の姿はなかった。
ごくごくたまに2人は会っていたようだけど、息子2は山口に行ってしまったし、頻繁に連絡を取り合っている様子でもない。

Sが作文に書いた「失敗談」は、アルバイトをしている絵画教室での子どもたちへの対応についてだった。一般的な常識で子どもの興味を削いでしまったことへの反省と教訓。

最初に見せられた作文は、まったくまとまっていなかった。
話を聞き、彼の言いたいことと文章の流れを整理して、再考を促した。
3日後、「できました!」とSからメール。書き直した作文を持って、夜8時にSがやってきた。全体的にとてもよくなっていた。細かいところをSとわたしと息子1で推敲。一語一句じっくり考えるSは、わが家で3時間、夕食も取らずウンウンうなりながら作文を完成させた。



Sは不登校になったことを「失敗」とはとらえていなかった。
わたしも自分なら何を書くだろうかと「失敗経験」を振り返ってみたが、S同様「あまり思いつかない」。
「失敗」という意識は、はっきりと結果が出る短期的な事柄にかんして生じるものなのだろう。
たとえば電車に乗り遅れてA社の採用試験に間に合わなかったのは失敗だけど、試験を受けられなかったことでA社に入社ことができなかったことは、必ずしも失敗につながらない。A社に入らくてよかった、ということも起こり得るから。
簡単に失敗と結論づけられるものは、人生においては「取るに足らないこと」、「学習したら忘れてしまうもの」。



一次選考の合否は12月に出るそうだ。
「やれることはやった」と言い切ったS君。ダメでもそれは失敗ではなく、縁がなかっただけのこと。
まっすぐ未来を見つめ、模索しながらも自分の速度で生きていこうとしているS君にエールを送りたい。
彼の存在が、わたしの新たな励みになっている。
【2015/11/22 】 呼吸するもの | comments(0) | page top↑
2016年 わくわくカレンダー販売します
2016年のカレンダーができました!
今回は2カ月1枚、縦長の壁掛けタイプ。2017年4月まで使えます。
2色刷り孔版印刷で、ちょこっと手捺し部分もあり。
イラストは消しゴムはんこと手描きです。
16カ月、ほのぼの+わくわく気分をお届けします!
2016  wakuwaku  calendar

【わくわくカレンダー 2016 Jan. 〜 2017 Apr, 】
サイズ : タテ385mm × ヨコ130mm (吊り下げ紐付き)
用紙 : 富士わら紙(レトロ印刷オリジナル紙 2015年発売) 104.7kg
(※富士山の麓の稲刈後の藁を混ぜて作られた中厚紙)
枚数 : 全8枚 (表紙はなし。専用袋入り)
価格 : 1冊900円(税込)
送料 : 205円(2冊まで) ※3冊以上の場合は別途ご連絡します
お問合せ・ご注文 : bitte@grulian.com

※iichiに出品しています。こちらのショップからもご購入できます。
※こちらでも販売していただいています。
HAND & SOUL 鎌倉市佐助2-15-2 電話0467-23-0530 (金曜〜日曜)

【2015/11/02 】 制作するもの | comments(0) | page top↑
| home |