野菜育ては子育てに似ている
2週間前、山口で1人暮らしをしている息子2から野菜が送られてきた。
わたしの実家に住み始めて1年くらい経つけれど、彼が野菜を送ってくれたのは初めて。大根、大根葉、人参、白菜、それに聖護院大根が入っていた。

それらはスーパーの野菜に比べると一回り小さく、見ばえはイマイチだ。
無農薬無肥料だという。「大根の葉はサラダにして」と電話口で息子が言った。生で食べるのはどうかな…と思ったけど、生産者のことばに従い、拍子切りにした大根と乱切りの葉っぱをドレッシングで和えてみた。葉はサラダに適したやわらかさで、ほんのりルッコラの味がした。白菜もやわらかくて甘い。どれも生がおいしい。

野菜育ては子育てに似ているな、と思った。
農薬を散布して害虫を駆除し、肥料を与える 快適な環境を整え、お金をかける
その結果、見た目には立派な野菜が育つ。流通に載って、スーパーに並べられる エリートコース

でも農薬も肥料も与えなくても、おいしい野菜ができることを息子の野菜は教えてくれた。外見は悪くても、中身はしっかり味がある。
「愛の反対は無関心」とマザー・テレサはいっていたけど、関心を失わなければ、野菜も子どもも自然に育つものなんだ。

愛を持って見守ること。そして待つこと。そこがポイント。
・・・と自分に言いきかせている。
【2015/01/28 】 呼吸するもの | comments(0) | page top↑
新年に。改めかえる。
明けましておめでとうございます。


新しい年がスタートして3日目。
昨年を漢字一文字で振り返ってみる・・・→「流」
追い立てられて流れるように1年が過ぎた気がするので。
手作り系のイベントには5回出展。100部刷ったカレンダーもどうにか完売。2014年の目標に掲げた「販」に向けて、一歩前進といったところか。

今年の目標を漢字一文字で考えてみる・・・→「礎」
この前、TV『徹子の部屋』に出演した谷村新司が、55歳の時に帯状疱疹になったことがきっかけで、60歳からの生き方を考えるために事務所をたたみ、歌手としての仕事を一旦休止したと言っていた。
わたしもそろそろ還暦以降の人生の礎を築き始めよう、との思いを込めて。

今日、近所の神社で引いたおみくじは「大吉」
「何事も末の見込みがある 改めかえてよい運・・・・辛抱が第一」
「改めかえてすれば、望み事叶い喜び多い」
改めかえて、強い意志を持ち、驕り高ぶることなく、辛抱すれば、願いも叶い、龍が天に昇るように出世する、そうで。。。
何を改めかえるべきなのか、そこは書かれていない。でも、今までのままではいけないのだろう。

心を改めかえる? 生活習慣を改めかえる? 進む方向を改めかえる?
ムム〜大吉とはいえ新年早々難題だわわ。。。
【2015/01/03 】 生活するもの | comments(0) | page top↑
| home |