センサー不良
10年くらい使っている洗濯機が、これまでに見たこともないエラー番号を表示して動かなくなった。どうやらセンサーの故障らしい。
ドアも壊れているし、時々激しくがなりながら全身を揺することがあるので、買い替えることにした。

最近の洗濯機は、センサー機能がさらに「進化」していた。
わたしが買った機種の上位クラスは「エコナビ」を搭載。「汚れセンサー」が洗剤液のにごりを光の透過度で検知し、衣類の汚れの程度を判断して水量と運転時間を決定、洗いやすすぎのむだを省いてくれる、そうだ。さらに「布量センサー」が、給水前やすすぎ行程中に衣類の重さを量り、水に濡れる前後の重量差から布質(水分の抜けやすさ)を判定し、適切な脱水時間や乾燥時間を決定してくれる、そうだ。

はたしてここまでの機能を求めている人がいるのだろうか・・・と思う。
洗濯量や布質などは、洗濯をする本人が一番分かることだし、いろんな汚れがついた衣類や異なる素材が混ざっているのに、それを洗濯機のセンサーがきちんと見分けることができるとは思えない。使用する洗剤だって人それぞれだ。百歩譲ってセンサーがカンペキに検知し判定できたとしても、わたしはそこに便利さやありがたさを感じない。。
さらに驚いたことには、わたしが買った洗濯機の最上位機種は、「温水泡洗浄」で黄ばみが驚くほど白くなる、というのが最大のウリのようなのだけど、なんと、その運転時間は約420分! 7時間かけて洗濯をする人がいったい何人いるのだろうか。

だいたいセンサー機能が多すぎるから、故障も増えるのだ。
しかもこのセンサーは曲者で、センサーが繊細なほど、こまめな手入れが必要になる。新しく買った洗濯機の取説を読んでいたら、乾燥機を使った後は乾燥フィルターのゴミを取り除き、週に1回は排水フィルターの掃除を、と書かれていた。
便利=手間が省ける、ということではないようだ。

家電の進化で、ひとが本来備えているセンサー機能は衰え、判断力も低下してしまうんじゃなかろうか、という思いを抱きながら乗った昨日の通勤電車でのこと。
車内が結構混んでいたうえに湿度が高く、かなりムシムシしていた。にもかかわらず、誰も窓を開けようとせず、ほとんどの人がコートを羽織ったまま、スマホをいじるか眠っているか。ざっと見たところ、上着を脱いでいる人は2割足らず。がまんしているのか、不快さを感じないのか、聞いてみたい気持ちになりながら、これもセンサー依存症の影響ではないかと感じたり。
そのうち電車のセンサーが社内の温湿度を感知したのか、社内に送風が流れ始め、蒸し暑さは緩和されましたが。

【2014/11/30 】 もの申すもの | comments(0) | page top↑
YOO TOO CLUB
腰痛を抱えながら仕事をして一番辛かったのは、仕事中ではなく帰りの電車。
満員電車で無理に押されたり、不意に横揺れしたりすると、腰が反応して痛みが走る。
もし妊婦バッチをつけていたり、大きなお腹で反り返っていたら(もはやあり得ないけど…)、誰かが席をゆずってくれるかもしれない。でも、ちょっと前屈みで、顔を引きつらせているおばさんを気に留める人は皆無だ。
だいたい帰宅時の乗客はみな疲れきって、他人のことなど構っていられない。

腰が痛くても、座ることができずに辛い思いをしている人は、案外多いかもしれない。。。。
友人知人の中にも、腰痛に悩んでいる人や、かつてひどい腰痛を経験したことがある人が結構いる。

こんなバッチがあったらどうかしら??と思って、消しゴム彫ってみました。


Koshiitaiyo by yootooclub
【2014/11/16 】 制作するもの | comments(0) | page top↑
自己治癒力を信じよう
腰痛を発症して、もうすぐ3週間になる。
テルミーをかけてもらったり、指圧や音叉ヒーリングを受けたり、鍼治療も試した。どれも少しよくなりはするけれど、ぱっとしなかった。
それでも歩行困難だったことを思えば、だいぶよくはなっている。先週は週3日仕事に出かけ、何とかやり終えた。でも、家に着くまで緊張状態が続き、このまま「前屈みの人」になるんんじゃないかと、不安がよぎったりも…。

それが昨日あたりから、快復に向かい始めた!と感じるようになった。
バイト先のYちゃんが貸してくれた『腰痛は自分で治せる』という本を読み、「体反らし体操(マッケンジー体操)」をやってからだ。
うつぶせになるのがやっと、という状態で、体を反らすことは難題だった。でも「無理してでもやってみて。絶対よくなるから」と言っていたYちゃんの言葉を励みに、勇気を振り絞る。
最初は、腕を曲げた状態で上半身を少し持ち上げるのだけで精いっぱい。それが2日目にして、腕を伸ばして反らすことができるようになった。それと同時に、腰も伸びてきた。まだカンペキじゃないけど、とりあえず「前屈みの人」の不安は払拭され、よくなりそうという希望が湧いてきた。

発症から3週間、そろそろよくなる時期だったのかもしれない。
でも何より「自分で治している」と思えることがうれしい。
心をおおっていたどんよりしていた雲が消えていくような感覚。
自己治癒力を侮ってはいけないのだ。

●Yちゃんおすすめの本
【2014/11/15 】 生活するもの | comments(0) | page top↑
| home | → older posts