神様からもらった時間
このところぎっくり腰になってないのよね〜と友人に話した翌日、ぎっくり腰を発症した。今回は思い当たる節もなく、「あれ、何かヘン」と感じた瞬間から、どんどん悪くなっていった。
まともに歩けないのに、ビンカンゴミを持って階段を上がったのがいけなかった。昨日テルミ—をかけてもらって少しよくなった気がしていたのに、逆戻りしてしまった。

腰痛で歩行困難になると、お年寄りの気持ちがよくわかる。
何をするにも動作が緩慢になり、時間がかかるもどかしさ。
体勢を変える度に襲われる痛み。
トイレに行けるだろうか、という不安。
簡単にできるはずのことができない情けなさ。
痛いし時間がかかるから、何かをする気力も失せる。

でも、熱があるわけでもないし、バイトも休ませてもらっているので、何もしないのはもったいない気がする。
それに、ずっと横になっていると腰のあたりが硬直して、起き上がるときに難儀すると思うと、寝るという行為もいいとは思えない。
痛みはあるし、いつものように動けないし、気分もパッとしないけど、腰痛になることで得られたこの時間を神様からもらったプレゼントと思うことにして、落書きの中から2つ、消しゴムはんこを作ってみた。メッセージ帖に使う予定。


「ラブおばさん」と「うつむく若者」
【2014/10/29 】 制作するもの | comments(0) | page top↑
鹿児島睦さん
市内のデパートで、陶芸家の鹿児島睦(かごしままこと)氏が手がけたプロダクトが展示されているというので、息子1を誘って行ってみた。

鹿児島氏は陶器だけでなくファブリックや紙のデザイン、プロダクトなども手がけ、その活動は幅広い。雑誌でもちょくちょく紹介され、海外で個展をするような有名なアーティストらしいのだけど、雑誌を読まなくなった私は、つい最近まで彼のことをまったく知らなかった。

彼の作品を始めてみたのはこの夏、二子玉川にある箱屋さん「BOX & NEEDLE」で。それはどきっとするような出会いだった。
単純なモチーフをこれほどまでに魅力的にみせるのは、デザインの力。
息づかいが感じられるような愛らしい図案に見入ってしまった。

鹿児島さんのセンスの一端にいつも触れることができるように、小さな箱をひとつと活版のコースターを買った。
鹿児島睦プロダクト鹿児島さんのプロダクトをひとつでも身近に置いておけば、わたしのデザインセンスも上がるかもしれない・・・と都合のいい願望を抱いてのことだけど、今日制作したぽち袋はどれも商品化には至らず、デザインセンスはそんなに易々とは身につかないのだと思い知らされただけ。はあ〜。
【2014/10/20 】 制作するもの | comments(0) | page top↑
2015 オリジナル・カレンダー
やっとカレンダーができあがりました!
予想以上に長い道のりでした。
印刷所から届いた重たいダンボールをドキドキしながら開けた夜、刷り上がったばかりのカレンダーを床に並べながら、久々にものを生み出した後の安堵感と達成感(それはちょっと出産気分にも似た…)を味わいました。
2015年のカレンダーは孔版印刷(シルクスクリーンのような手法の印刷)にこだわったため、消しゴムはんこをつくり、デザインをしたあとの慣れない入稿作業にかなり手間取ってしまいました。
2色の掛け合わせもPC上では確かめているものの、想像と仕上がりとはやはり違いもあるので、2度も試し刷りに出したり、やっと入稿したと思ったら断裁上の問題が発覚したり・・・。
あれこれ悩み、ドキドキしたぶん、産後!?のうれしさもひとしお。

●販売します! (限定80部)
サイズ128mm×200mm  厚紙(生成) 2色刷(孔版印刷) 12枚
卓上(立てかけ)、壁掛け両用(吊したり、ピンで留めたりお好みで!)
【web価格】 1set ¥850  ※2set以上の場合1set ¥800
【配送料】 1set ¥150  2set ¥200  3〜4set ¥300
【申込み】  ぐるりあん  bitte@grulian.com














【2014/10/05 】 制作するもの | comments(2) | page top↑
| home |