スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- 】 スポンサー広告 | comments(-) | page top↑
理想的な80代
先日、リサ・ラーソンと芹沢銈介の展覧会をはしごした。

リサ・ラーソンは、スウェーデンで活躍する陶芸家。動物やこどもをテーマに、ユーモラスでほのぼのとした作品を作り続けている。「癒し系」の作品は日本でも人気が高く、会場は老若何女であふれていた。展覧会最終日ということもあり、とくにグッズ売り場は大混雑で、会計のために長蛇の列ができていた。

彼女の暮らしぶりを紹介した映像がとてもよかった。
自然体で生きる彼女と、彼女が生み出す作品にはちっともズレがない。人柄がそのまま作品に出ている。お会いしたことはもちろんないけど、そんな気がした。

古いものが好き、と彼女はにこやかな笑顔で語っていた。屋外にいるような気分になるというサマーハウスのアトリエは、不要になった窓枠を再利用して、画家の夫が造ったという。庭のあちこちに置かれている小さな陶器のオブジェは、彼女が庭に捨てた失敗作をご主人が配置したそうだ。それらは風雨にさらされて、とてもイイ感じで風景に溶け込んでいる。古いものを大切に、時間をかけて丁寧に自分のものにしていく・・・なんて素敵な暮らし! 

そして何より素晴らしいのは、80歳を過ぎた今も現役の作家として活動していること。こんな80代にわたしもあこがれる!

伝統的な染色技法をもちいた型染の作品で知られる芹沢銈介の作品は、シンプルで斬新。型を切り抜いた細やかな手作業に、手を抜かないとはこういうことなのだと思い知らされる。
民芸運動にかかわり、世界の民芸品を収集した。パリで大規模な個展を開催したのは81歳のとき。88歳で亡くなるまで精力的に制作に取り組んでいた。

2014年の秋分の日=理想的な80代を思い描いた日、として覚えておこう。
スポンサーサイト
【2014/09/26 】 鑑賞するもの | comments(0) | page top↑
| home |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。