スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- 】 スポンサー広告 | comments(-) | page top↑
有意義な帰省
今年の最大イベントのひとつでもあった、郷里での消しゴムはんこ教室が無事終了。
実家のキッチンが会場だったため、1日6人定員だったけど、3日間とも満員御礼で、延べ19人が集まってくれました。
父も母も亡くなり、ふだんは誰も住んでいない実家は、急に生気を取り戻し、かしましい同級生たちの遠慮のないツッコミと笑い声に包まれました。

同級生って不思議。高校を卒業して、それぞれ別の道を歩み、結婚したり別れたり、育児したり介護したり親を看取ったりして、住んでいる世界はどんどん離れてしまっても、会えばいきなり距離が縮まり「あの頃」に戻れてしまう。30年の間にみんないろいろなことを経験して、人生の酸いも甘いもかみしめて、距離感や違和感などはもう感じなくなってしまうのだろうね。

住人のいない実家で賑やかな会話が飛び交い、人を呼ぶのが好きだった父は、あの世で喜んでいたと思う。母は人が集まるのを好まなかったけど、母の刺繍作品をみんながほめてくれたので、わたしは嬉しかった。

緑の庭があって、家族の歴史を感じさせる古さとゆったりした空間があって、そこに人が集う。いい光景だなぁと、初めて実家を誇らしく思えた、有意義な帰省でした(アリスのコンサートを前から5列目の席で見られたことも大きいけどね)。

thankscard
遠方から参加してくれた同級生もいたので、お礼状を。今日は台風で外出予定がボツになり、新しい消しゴムはんこを3つ(Thank You + フキダシ + 似顔絵)作成

スポンサーサイト
【2013/09/16 】 生活するもの | comments(0) | page top↑
| home |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。