季節はずれの年賀状
お盆休みも、週末の休みも、ひまな時間は「消しゴムはんこの年賀状づくり」に精を出していました。
(来週、山口の実家で「消しゴムはんこ倶楽部」を開くのだけど、参加者のリクエストに応えて、年賀状用のはんこをつくることになったので)

福島原発の汚染水漏れが緊急事態になって、東京五輪招致どころではなくなっているのに。
大量の死者を出したシリアで、化学兵器が使われた可能性があるため、軍事介入が協議されているというのに。
世の中のシリアスな情勢を横目に、エアコンの効いた部屋でちょこまか手を動かしていました。

そしていよいよサンプルづくり。
来年の干支(うま)の図案と文字。和風と洋風。模様や文様。それらを組み合わせて、ハガキ大の紙に捺してみた。
色と配置を変えれることで、組み合わせは何百とおりにも広がる。どれとどれを組み合わせて、どの位置にどの色で捺せばバランスよくまとまるか。。。。これがなかなかむつかしい。手仕事のセンスが問われる(汗)。

今回は、彫ることよりも、捺すことの難しさを実感。
消しゴムはんこはまだまだ奥が深いのだ。

nengastamp02

スポンサーサイト



【2013/08/31 】 制作するもの | comments(0) | page top↑
| home |