台湾トラベルノート
手づくりトラベルノート第1号は、語学研修でカナダに旅立ったアヤちゃんにプレゼントした。先週アメリカで彼女に会ってきた友人(アヤママ)が、「いっぱい書き込んでたよ~」と教えてくれた。制作者冥利につきる。
嬉しくてムクムクと制作意欲がわいてきた。

夜なべして、超突貫(超手抜き)でトラベルノート第2号を作った。
これは、わたしと妹の台湾旅行用(A5サイズ・約36ページ・背幅3ミリ)。
トラベルノートができると、旅行のたのしみも倍増。
ほんの5日間の旅だけど、わたしもいろいろ書き込んでこよう!

taiwantraveln



←クリックでちょっと拡大

【2012/04/21 】 制作するもの | comments(1) | page top↑
根を張るものは強い!
garden03garden一昨年の12月、母が国立がんセンターで再検査を受け、手術ができないすい臓といわれた翌日、母とうちの近所の森林を歩いた。
自然の中を元気に歩く母を見たくて、無理やり連れ出したようにも思う。

小さな山の雑木林で山椒の新芽を見つけ、「庭に山椒があるといいよね(実家にはあった)」とつぶやいたら、母はすかさずその4センチくらいの新芽を引き抜いたのだった(林の遷移を観察しているので、勝手に植物を採取することは禁じられていたのだけど)。
わたしと違って「すどい」母は、外出先で目に留まった植物をささっと採ってくることがよくあった。

母の形見となった山椒の苗は、この冬の寒さで葉を落とし、4センチのまま、か細い茎だけになっていた。
それが、このところの春の日差しを受けて再び新葉を出したのだ。

植物はたくましい。
「根っこを下ろしているものは強い」
母からのメッセージのようにも聞こえる。
【2012/04/12 】 生活するもの | comments(0) | page top↑
「おおむねOK」は6割? 8割?
「おおむね適合」が「安全性が確認された」ってことになるのはおかしい。
事故が起こると人間の手にあまり、廃炉にすることもできないものを「安全基準」に照らすことじたい、どうなんだろう…。しかも「ただちに健康に影響はない」と言い続けたあの人が言うから、よけいに信じられない。
じじつ、今回示された安全対策85項目のうち現時点では33項目が実施されていないのだそう。つまり、この付け焼刃的な「安全基準」にも、6割程度しか適合していないことになる。

sakura2012ジョギングコースの桜はいまが満開だけど、「桜がおおむね満開」って言ったら、8分咲きくらい(8割程度)だろうか…。

桜並木の遊歩道をうれしそうに歩いている人の笑顔を見ながら、やっぱり入学式や入社式は桜の季節にふさわしいと思う。
東大の先生方を中心に秋入学実施の動きがあるけれど、国際標準よりからだで感じる日本の文化を大事したほうがいいんじゃないの。
【2012/04/10 】 もの申すもの | comments(0) | page top↑
| home | → older posts