on your birthday ...
ginsekai天気予報では「雪」と言っていたけど、まさか本当にこんなに降り積もるとは! 出かける準備をしている間にもぼたぼたと雪が舞い落ち、あっという間に銀世界に。
つけっぱなしのテレビに、京都在住のハーブ研究家、ベニシアさんという来日40年になる英国人女性が出演していた。何冊か著書も出ていて、日本各地で行われる彼女の講演会はどこも満席とか。ハーブのはなしもさることながら、彼女の人生訓に魅せられるひとが多いのだそう。

「人生は、嵐が通り過ぎるのを待つのではなく、
雨の中でダンスをすることが大切」
とベニシアさんは言っていた。どきりとした。
「雨の中でダンス」いいな・・・そんな強さと余裕をもちたい。
「Difficulty makes jewelry.」というフレーズもこころに響いた。
困難は避けて通りたい、見ないようにしたい、と思っていたから。
そうか! 困難は宝石になる原石のかけら。
そう思うことにしよう。
雪の朝、励まされて視界がひらけた感じ。
雪の夜、何かとぶつかることが多い同居の高校生と
めずらしく意見が一致した。
「人生は芸術である」

snowpigeonちょこっと「人生」というものの捉え方が変わったうるう年の2月29日。

Today is your birthday.
You would be eighty   if you were still alive.
happy birthday ♪
【2012/02/29 】 生活するもの | comments(2) | page top↑
消しゴムはんこのオリジナル手ぬぐい
昨10月から通いはじめた「消しゴムはんこ講座」も、残すところあと1回。
月に1回、全6回でコース終了というのが、面倒くさがりや(出不精)で飽きやすのわたしにはちょうどいいペース。
生徒は10人くらい。毎回遅刻するわたしは、ドアからもっとも遠い席が定位置に(集中できるので気に入ってます)。

先週の日曜は、消しゴムはんこでオリジナル手ぬぐいを制作しました。
家ではんこを作って行ったので、この日は一心不乱に捺しまくり、2時間でひょうたん柄と輪っか柄のてぬぐい、波模様のふきんが完成!
最終回となる来月は、いよいよ名前+住所入りのはんこに挑戦です。
習ってみると、小さな消しゴムの世界もなかなか奥深いことがわかりました。

originalclothes
【2012/02/25 】 制作するもの | comments(2) | page top↑
片づけからあの頃へ。
わたしより10歳若いやっこちゃんは、まだ「老前整理」が必要なトシじゃないけど、「この前の連休に、ダンナが朝4時半に起きて家の片づけを始めたので、一緒に片づけモードに入った」という。
やはり、3つの箱を使っている。取っておくもの、捨てるもの、思案中のものを仕分けするためだ。とりあえずと思案中にしたものでも、数時間後には捨てるものの箱に入れちゃっている、とやっこちゃんは言っていた。
ものを減らす快感は、ものへの執着に反比例するのかもしれない。

やっこちゃん夫妻にならって、わたしも少しずつ片づけを始めようと思い、今日は机まわりを整理することにした。
これが、なかなか進まない。2時間やって机の上だけ。小さな紙袋に入る程度の紙ゴミが出ただけだった。
(トシを取るにつれて片づけ下手になるのは、どういうわけだろう。。。)

それでも、ふたつ収穫があった。
ひとつは、デジカメのSDカード(2年前の)が見つかったこと。
もうひとつは、息子2が小学6年のとき、わたしの誕生日にプレゼントしてくれた手づくりペンダントが出てきたこと。

魚のpendantプレゼントをもらったシーンも、はっきり思い出すことができる。
場所は、隣町のインド料理レストラン。息子1は、茶封筒から人の顔が飛び出るバースディカードを作ってくれた。開けると、中にその日もらった通知表が入っていた(これもどこかにしまってあるはず…)。

息子2にもらった魚のペンダントを見ながら、つい、あの頃はよかったな~と思ってしまった。あの頃からまだ5年しか経っていないのに、どこかでボタンを掛け違えたかな・・・と思ったりする今日この頃なのである。
【2012/02/18 】 生活するもの | comments(0) | page top↑
| home | → older posts