スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- 】 スポンサー広告 | comments(-) | page top↑
一生モノのレインブーツ
boot夏の猛暑がうそのように、駆け足で秋がやってきた。そして長雨の時期に突入。雨は嫌いじゃないけど、雨の日に外出するのはちょっと億劫。
今日は駅前まで出かける用事があり、雨脚が強かったのでバスに乗るつもりだった。が、はたと思い出した。
そうだ! こんな日のために、とっておきの長靴があったじゃん!!!

去年、大奮発してエーグルの長靴を買ったのだった。
エーグルはフランスの老舗アウトドア・ブランドで、ウエアやバッグも人気だけど、私のなかでは「エーグルといえば天然ゴムの長靴」。「長靴を買うならエーグル」と、10年くらい前から憧れていた。でも1万円以上もする長靴を、そう簡単には買えない。

それが去年、皮膚科の待合室で、エーグルの長靴をすてきに履きこなしている女性を見てひとめぼれ。帰宅してすぐにそのジップ付き長靴をしつこく検索し、地方のインターネット・ショップにたどり着いた。「在庫1足」の表示を見て、素通りするわけにはいかない! 確か1万5,000円くらいだったと思う。もはや「ゴム長」とは呼べない。「ナチュラルラバーのレインブーツ様」である。

この後、サイズ交換などのやりとりを経て、ようやく私のものになったのだけど、どうも私が履くと、件の女性のようにスタイリッシュに見えない。長靴は所詮、長靴なのだ。。。
それでも雨や雪の日の外出は格段に楽しくなった。駅までの往復バス代は340円。45回履けば、もとが取れる。「一生モノ」というには大げさだけど、エーグルの長靴はハンドメイドで履き心地、耐久性に定評があるから、おばあさんになるまで履き続けよう。
やや腰が曲がったおばあさんが、エーグルのレインブーツを履いて歩いている図を想像すると、何だかウキウキしてくる。
スポンサーサイト
【2010/09/30 】 暮らしのもの | comments(0) | page top↑
| home |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。