美味しんぼ騒動
今回の「美味しんぼ騒動」は、第604回のあと連載がしばらく休止になるため一気に収束した感があるけれど、何だかすっきりしない。
なぜここまでバッシングされたのか。

作者の雁屋哲氏は、入念な取材で知られている。
たまたま目にした「福島の真実」を取り上げた他の号は、棚田を守りながら農業を続けている人たちにエールを送るような内容だった。福島の伝統食も丁寧に描かれていた。
きちんと取材をして、署名原稿として発表しているのだし、作中のセリフは取材者の意見、ひとつの事実として読めばいいだけのこと。真実は球体(いま思いついた言葉!)なのだから、見えない部分もあり、日が当たる部分があれば影になる部分もある。じっさい震災直後に鼻血を出した子どもが多くいたという報道はあったし、福島から脱出した人が大勢いたのも事実。

今回の報道で、鼻血を出した人への取材も、福島から他県へ移住した人へのインタビューも目にしなかった。むしろ、マスメディアはそういったことを発言にくい雰囲気をつくっていた。
「風評被害」と非難し、マイナスイメージを払拭するために真実を隠蔽したり、表現に圧力をかけようとする社会こそ問題である。

でも、もしわたしが福島県民だったら・・・と思うと、心中は複雑だ。
この漫画に反感を抱いていたかもしれない。うん、たぶん怒っている。「危険だから逃げなさい」と言われても、それができない状況だったらなおさらだ。一個人の見方として、冷静に受け止めることはできないだろう、たぶん。

「福島の真実」最終号では、こんなシーンも描かれている。
事故後、北海道に移住して酪農に挑んでいる若者が言う。
「事件後、メディアが飯舘村に来て、危険だから逃げろと言ったがすぐ避難させなかったと報じ、行政も内外から批判を受けて、一人一人が自由に話せない環境になってしまった。
人の命、子どもの命を守ることは絶対的な正義なんですが、動けない人にはそれぞれ理由がある」
・・・そして、海原雄山と山岡士郎の会話。
「放射能に対する認識、郷土愛、経済的な問題など、千差万別の事情で福島を離れられない人も大勢いる。
今の福島に住み続けて良いのか、われわれは外部の人間だが、自分たちの意見を言わねばなるまい」
「自分たちの意見を言わないことは、東電と国の無責任な対応で苦しんでいる福島の人たちに嘘をつくことになる」
「偽善は言えない」
「真実を語るしかない」

「福島」とひと括りにしているところはひっかかるけれど、発売後の賛否も予測したうえで、「偽善は言えない」と現地で見聞きしたことを発表した表現者と編集長の勇気を讃えたい。
思いを表現することで、社会に問いかけることは、表現する人の役割、使命だと思う。その表現が、政府の思惑でゆがめられることがあってはいけない。

「美味しんぼ騒動」が影響しているとは思えないけど、大飯原発の運転差し止めの判決が出た。原子力にNOを出した記念すべきできごと。樋口英明裁判長の、ひと重視のことばがよかった。
「原発の運転停止で多額の貿易赤字が出ても、これを国富の流出や喪失というべきではなく、豊かな国土に国民が根を下ろして生活していることが国富であり、これを取り戻すことができなくなることが国富の喪失である」
※大飯原発運転差止請求事件判決要旨全文

そして、非公開だった「吉田調書」が、なぜか今になって公開された。
※吉田調書@朝日新聞デジタル

【2014/05/22 】 ※ゲンパツもの | comments(0) | page top↑
bad  news  & good  news !
今朝のA新聞1面に出ていた「原発事故直後 政府が汚染地図放置」の記事は、大飯原発の再稼働表明よりさらに気分が悪くなるものだった。

原発事故後の3月18日と20日、米エネルギー省が米軍機の放射線測定をもとに作成した詳細な「汚染地図」が、経産省と文科省に送られていた。が、提供データは公表されずに放置され、その結果、住民は北西方向の高線量エリア(1時間あたり125マイクロシーベルト超=8時間で一般市民の年間被曝線量を超える値)に避難してしまった。

新聞には「国民の生命を守る責任感が行政の縦割りで欠如していた」と書かれていたけど、「縦割り」以前の問題だと思う。

取材を受けた文科省の渡辺格次長は、「当時は提供データを住民避難にいかすという発想がなかった」と話したそうだ。過去に「年間100ミリシーベルトまでなら健康に影響ない」と発言して物議をかもした人でもある。「思考や感覚のスイッチが切れている人」とは、こういう人のことをいうのだろう。

「住民」が経産省や文科省の「家族」だった場合でも、情報は放置されただろうか・・・と考えると、この隠蔽はある意味、犯罪である。

ajisai

原発事故以来、脱原発・再生可能エネルギー社会実現に向けて精力的に活動している飯田哲也氏が、山口県知事選への出馬を正式表明。こちらは朗報!
飯田氏はわたしの生まれ故郷の隣町(旧徳山市)出身。上関原発の問題も抱える山口から、ふたたび「維新」を起こしてほしい。
【2012/06/18 】 ※ゲンパツもの | comments(0) | page top↑
有識者って??
朝日新聞の朝刊に「年間の放射線量20ミリシーベルトという避難指示基準に、野田政権の有識者会議がお墨付きを与えた」と、書かれていた。先月初めに有識者会議が発足し、計8回の会議でこの結論に至ったようだ。
こんなに安易に、「警戒区域」を「解除準備区域」に変更する政府のやり方、見せかけの原発事故収束プロセスがコワイ。

そもそもこの決定に関与した「有識者」って、どんな人たちなのだろう?
誰がどんな基準で、選出したのだろう?
新聞からわかったことは、有識者会議の2トップは名誉教授の肩書きを持つおじいさんで、メンバーは学者や専門家14人。20ミリシーベルトに批判的な「有識者」もいたが、彼らの意見は採用されなかった、ということ。

『大辞林』によると、「有識者=学問・識見が広く高い人」とある。が、こと原発問題にかんしては、「政府にとって都合のいい」という括弧付きで選ばれた人たち、という気がしてならない。

前例がないのに、「年間20ミリシーベルトを被曝した場合の健康リスクが、他の発ガン要因と比べても低い」ということがなぜいえるのだろう?
「喫煙は年間1,000~2,000ミリシーベルト、肥満は200~500ミリシーベルト、野菜不足は100~200ミリシーベルトのリスクと同様」という根拠は何なのだろう?
ここまで言及するのなら、どんなリサーチをしてどんなエビデンスのもとに「年間20ミリシーベルト未満なら住んでも大丈夫」と言い切れるのか、きちんと説明してほしい。

大人と子どもで基準が同じというのもおかしいし、「大人」と「子ども」の2分類というのも釈然としない。
内閣府や文科省や経産省などを年間20ミリシーベルト地域に移転させ、関係者の家族全員がそこで暮らすというのなら、多少説得力もあるけれど。

あ~~~、いつから日本は弱いものを切り捨てる国になっちゃったのだろう。
事実をねじまげ、国民をだますような国になっちゃったのだろう。

(P.S. 京都たびmemo、まだ続きます・・・)
【2011/12/16 】 ※ゲンパツもの | comments(0) | page top↑
| home | → older posts