異次元への旅

「人間」とのかかわりを拒絶している息子2を連れて、小淵沢の妹の家に行ってきた。
妹夫婦が八ヶ岳の麓に引っ越したのは昨年の夏。以来妹はマメにあちこち出歩き(正確には車で動き回り)、すっかり八ヶ岳通になっている。滞在中は、わたしの興味がありそうな場所をいろいろ案内してくれた。
妹にいわせると、八ヶ岳は「宇宙にもっとも近い場所」なのだそう。
じっさい、この辺りに住んでいる人のライフスタイルを垣間見るにつけ、面白い人が多いと思う。宇宙人ぽいっていうか、自身の生活信条を基軸に暮らしを営んでいる(ある種フツーを超えている)というか・・・。
そういう人たちに出会うと、地球人のわたしもよい刺激を受け、ポジティブなエネルギーが入り込んでくる。

今回も何人かの「宇宙人」と楽しいひとときを共有することができた。



「Deco Botanical」は、広大な庭を持つガーデンカフェショップ。2000坪の荒地を開墾したオーナー夫妻は、何百本もの樹木の伐採も抜根も処分も、素人の自分たちでやり遂げたというツワモノ。ヴィンテージ家具でセンス良くまとめられた店内は、切り取られワープした空間のよう。咲き乱れるコスモスの花も手作りのスィーツも、オーナー夫人もパワーに満ちていて、「八ヶ岳あたりは波動が高い」という妹の言葉がストンと胸に落ちた。

翌日のランチで訪れた「カナディアン・ファーム」は、ハセヤンこと長谷川豊さんと「イソーロー」たちが運営するレストラン。廃材を活用したセルフビルドのログハウスはワイルドで、現在も増設中。
サンタクロースのような風貌のハセヤンは、16歳の頃から家を建てることにかかわってきた。7000坪の土地に農場や畑やレストランや宿泊施設を自身の感性に基づきつくってきた人の話は豪快で、ときどき吸い込まれそうになる。つい最近のこと、船で建材を運び、カナダで家を建てた話も何の苦労もなかったように話すハセヤン。生き方のスケールがとてつもなく大きい。やはり「宇宙人」なのかもしれない。

今回の旅の最初の目的は、ストローベイルハウス藁舎で行われる映画上映+講演会だった。映画は、中世ドイツの修道女で神秘学や薬草学にも通じていたヒルデガルト・フォン・ビンゲンを取り上げたもの。上映後は、制作に携わった辻信一先生のお話し会。映画にはヒルデガルトの思想に影響を受けた人たちが登場するが、なかでもベルリン在住の「魔女」のコメントが印象的だった。
藁のブロックを壁に使ったストローベイルハウスの室内は、空気が澄んで心地よく、そこで迎えてくださった主催者の中久保さんもとても気持ちのいい方だった。温かなヴェールをふんわりとまとったような、やわらかな物腰。彼女は「宇宙人」でも「魔女」でもなく、例えるなら「天女」かな(ほどんどお話してないけど)。

とにかく、あちこちでポジティブな刺激を受けて生き返ったような5日間のショート・トリップでした。妹に感謝!

「やっぱり人間って生きている中で何度か死んで生き返ってということをしているのだな。そういうふうに解釈することで、自分の人生を言葉にしやすくなるところがある」åç
ーーとは、今回の旅のことはほとんど知らない息子1の今朝のツィート。彼にも「宇宙人」の要素がある・・・。


*肝心なところで肝心な写真を撮り忘れたので、テキストと画像は関連ありません・・今回の旅で撮った画像ですけど・・


My son2 and I visited my sister in Kobuchizawa, she and her husband have lived there since last summer.
Kobuchizawa area is called Yatsugatake where there is mountainside, surrounded by high mountains and great spreading scenes of nature.
Many people, especially having interest in the spiritual world settle or have second houses there.
Some people say,"Here is the nearest spot to the universe."
I don't know whether it is true or not, but it turns out that many residents there have flexible and independent minds.

I was inspired by the people I met in Yatsugatake and refreshed by the nature.
My sister took us to two self-built restaurants. Luckily we could talk to each owner and heard their hardship building up the restaurants and interesting stories of the process toward completion.
We visited the strawbale house to see the movie about Hildegard von Bingen who was a German nun in the 12C.; Mystics and Herbalist.
Nice movie and lecture, comfortable space and modest host !

5days there (a short trip to another dimension) was a really stimulating time apart from urban life.
I had a bit of different feeling beyond this dimension ^^.

【2017/10/22 】 旅で得たもの | comments(0) | page top↑
new place, new feeling
秋祭
怒濤の引越から早3週間。
ようやく固定電話もネットも開通、未開封の段ボールも残り僅かとなり、引越先の周辺を「徘徊」できるくらいの余裕ができた。
といっても、「生活の家」はひと駅移動しただけだから未知の場所ではないのだけど、住感覚はちょっと違う。

以前住んでいたところは35年くらいまえに山林を切り拓いて建てられた比較的新しいエリアで、高台の閑静な住宅地だった。それに対して現エリアは川沿いに拓けた平地で、50年以上前から住宅地だったようだ。じっさい私たちが引っ越した家は築52年だし。近くに江戸期に創建された神社仏閣が点在しているので、その当時から「村」的な集落があったのかもしれない。

18年前、丘の上の集合住宅に引っ越したとき、坂の多さに「サンフランシスコみたい」と思ったものだ。
それに対して今の場所は、何かアジア的な匂いがする。くねくねした通りとごちゃごちゃした家並み、通りの騒音、子どもの声・・・それに15分も歩けば、人混みとビルと車がひしめく繁華街に出る。何だか「台湾」ぽい空気を感じられて、ここはここで気に入っている。

ひと駅とはいえ、生活圏が変わり、家の間取りも変わったので、気分も一新。18年も暮らした住まいからの引越は、それはそれは大変だったけど、いつの間にか積もり積もったホコリやヨゴレを取り去り、本もモノも思い出の品も思い切って処分して、こころも足取りも軽くなったような。人生の「大掃除」を終えた気分。


Three weeks has passed when we moved to the new but old house.
Though our new life has started, the rooms aren’t put in order yet. The plan for the living space is totally different, so I haven’t decided on a suitable layout yet. But we can cook and eat, take a bath and sleep.There are no problems with everyday living anyway.

Day by day I come to like this area where we have moved.
It reminds me of Taipei.
Standing densely packed houses, winding streets and various noises of cars and bikes, construction, children etc.
Walking for 15 minutes,the shopping district appears, which is full of colors and noises and people. Of course there is a variety of restaurants and shops.

The apartment we lived in before was located at the top of a hill in a quiet area. I remembered that when I moved there 18 years ago, it reminded me of San Francisco.
At that time I didn’t want to move, but we had to move to reduce the living costs. But day by bay I grew to like that area like San Francisco.

This time is the same situation, but I can live happily.
Once I live in a place, it grows on me.
To every bird, his own nest is best.
【2017/10/09 】 生活するもの | comments(0) | page top↑
time to downsize
We have been packing cartons with stuff for the moving.
Several new cartons appear on the floor everyday and also packs of refuse.
Sometimes I was unexpectedly surprised when I discovered things in the closet that I had entirely forgotten.

Through this packing I realized that we had lived with so many unnecessary things and to live is to generate a little trash and dust day by day (We have been living in this apartment for 18 years.) •
Preparation for a moving is a tough job, however it’s a good opportunity to reconsider my life.

I noticed I could part with my stuff more easily than before.
At one time I couldn’t throw things away which might be needed someday in the future, for example books and magazines, scrapped articles, seldom worn jackets and skirts, unsuitable but expensive clothes unordinary tableware etc.
So I kept them just in case but most of them have been unused.
This time I became quick at deciding whether to discard or keep something

I suppose it's due to my age.
When I decided to throw something away, I asked myself whether it will be necessary in the next 5years.
Though I wanted to enlarge my life when I was young, after turning 55years old iit's time to downsize.
I would like to live with belongings I feel comfortable with, work I am willing to do and people I love.

After decreasing the amount of stuff i have, I feel like a breeze flows in our house and inside of my mind.

【2017/09/12 】 english | comments(0) | page top↑
| home | → older posts